投資のための口座開設|初心者でも大丈夫!資産運用を行なう時はプロに頼るのが一番

初心者でも大丈夫!資産運用を行なう時はプロに頼るのが一番

投資のための口座開設

チャート

口座開設の手順

海外FXは日本のFXと同様に口座開設が必要となりますが、利用するFX会社によって若干の違いが見られます。基本的には全て個人情報を入力すれば良いのですが、日本語に対応していれば日本語で、対応していなければ英語で入力する必要が出てきます。英語で入力する場合は住所などがローマ字での表記となり、市町村の記述が前後するので予め調べておく必要があります。これらが苦手という人であれば翻訳サイトを利用すれば、日本語で入力後に翻訳をすると自動的に英語用の住所に書き換えてもらえます。電話番号は国際番号を追加する必要があるので、この点も注意しておかなくてはいけません。海外FXは登録後に身分証などを使った本人確認が必要なので、各会社が求める必要書類を用意しておきます。

提出するための書類

海外FXで本人確認のために提出する必要書類は、本人を確認するものと住所を証明する書類の2つとなります。まず本人確認の必要書類は、運転免許証やパスポート、住基カードやマイナンバーカードが利用できます。海外なので基本は郵送での確認は行わず、インターネットからのアップロードで行うので、携帯電話のカメラ機能やプリンタのスキャンを利用して画像を作ります。住所証明の必要書類は、住民票や公共料金の明細書、公的機関からの書類などが利用できます。少し複雑に見えるかもしれませんが、例えば電気料金の検針票を毎月もらうことになりますが、これらを提出すれば問題ありません。海外FXは最初の登録でマイナンバーを記入する必要がありますが、ここでマイナンバーカードを提出すれば番号を提示する必要がなくなるので便利です。